蚊に刺されやすい人の理由…16歳の高校生が独自の研究で世界的大発見…
2023/12/06

広告

京都教育大学付属高校に通う16歳の田上大喜さんは、なぜ妹が蚊に刺されやすいかという疑問を持ち、独自に蚊の研究を始めました。田上さんは靴下の常在菌の種類が多いと、蚊に刺されやすくなることを発見しました。田上さんは妹にアルコールをつけたティッシュで足首から下をこまめに拭くようアドバイスし、足を消毒した場合、妹が蚊に刺される回数が普段の3分の1まで減ったと報告しています。この研究で、田上さんは筑波大学が主催する全国の小・中・高校生の理科コンクール「第11回科学の芽賞」を受賞しました。田上さんは、妹を思う気持ちがこの発見に導いたとコメントしています。

広告

AD
記事
画像集