百戦錬磨のイチロー氏が明かした“嫌な投手” 投げずとも「押される」空気感
2023/11/22

広告

7回にイチロー氏から見逃し三振を奪った堂前凌那投手(岡山学芸館)は、「イチローさんが苦手な相手投手とは、どんな選手ですか?」と質問。これに対しイチロー氏は「僕が嫌なピッチャーは堂々としているピッチャー」と答えた。

 NPBとMLBで数えきれないほどの投手と対戦してきたイチロー氏は、「マウンド上で自信なさそうにしているピッチャーは打ち取られても全然(平気)」と語る。「バッターは受け身の立場なので、相手に自信を持って投げ込まれると(気持ちで)押される。(その状態は)ピッチャーに分かる」と、マウンドでの空気感に左右されると明かした。

 イチロー氏は21日の試合では、足がつりながらも9奪三振2四球で2年ぶり完封勝利。この日はトレーニングウエア姿で、リラックスした様子で約50分、選手やコーチなどの質問に丁寧に答えた。

広告

AD
記事
画像集