【野球】高橋由伸が松井秀喜の教えを解説する!手を使って打つなと
2023/12/04

広告

野球選手の高橋由伸が、元プロ野球選手である松井秀喜から受けた重要な教えを解説しました。その教えは、打撃時に手を意識的に使わないことです。高橋は、松井からこの教えを受ける前は、打球に力を入れるために手を大きく使っていましたが、その結果、バットの軌道が不安定になり、正確性やパワーに欠けていたと感じていました。松井は高橋に対して、「手を使わず、全身の力と体の回転を上手く合わせることが大事だ」とアドバイスをしてくれました。高橋はこの教えを徹底的に練習し、徐々に実践に結びつけることで、打撃技術の向上を実感しました。この教えは、他の野球選手にも参考になるものであり、手を使わずに全身を使って打撃することで、より正確で力強い打球を生み出せると言えます。

広告

AD
記事
画像集