【格闘技】怪物マイクタイソン、全盛期のベストマッチ10
2023/11/29

広告

怪物マイク・タイソンの全盛期における最高の試合10選について紹介します。マイク・タイソンは、1980年代から1990年代にかけてヘビー級ボクシング界で圧倒的な存在感を誇りました。

1. マイク・タイソン vs トレバー・ベルビック(1986年)−若干20歳でタイソンがボクシング史上最年少の世界ヘビー級タイトルを獲得。

2. マイク・タイソン vs リンダ・スパーサ(1988年)−WBA、WBC、IBFの三つのベルトを獲得し、ヘビー級ボクシング界の無敵の存在となる。

3. マイク・タイソン vs マイケル・スペンサー(1988年)−スペンサーはタイソンに打撃を与えることができた数少ない相手だった。

4. マイク・タイソン vs フランキー・リル〔1989年〕−リルの堅実な戦術に対しても、タイソンは圧倒的なパワーで対応し、KO勝利を収める。

5. マイク・タイソン vs リチャード・セリト(1991年)−タイソンがWBCヘビー級タイトルを獲得した試合。

6. マイク・タイソン vs ハビエル・サンチェス(1990年)−マイク・タイソンのパンチの威力とスピードに驚かされる試合。

7. マイク・タイソン vs ラリー・ホームズ(1988年)−ホームズの経験と技術に対しても、タイソンは勝利を収め、その強さを証明。

8. マイク・タイソン vs フランク・ブルーノ(1989年)−ブルーノがタイソンに何度も立ち上がり、粘り強く戦う姿勢に感銘。

広告

9. マイク・タイソン vs ダニー・ウィリアムズ(2004年)−タイソンがヘビー級復帰戦を制し、再び注目を浴びる。

10. マイク・タイソン vs バスター・ダグラス(1990年)−全盛期のタイソンが一度も倒されなかった中での驚愕の敗北。この試合により、タイソンの無敗伝説は崩れ去った。

これらの試合は、マイク・タイソンのボクシングキャリアの中でも特に目を引くものであり、ヘビー級ボクシング史上最高の戦いとして称賛されています。

広告

AD
記事
画像集